太ももの会によくある質問

有機栽培米とは?

農林水産省が定めた有機JAS法に基づいて、生産、販売されるお米です。
化学肥料・農薬を一切使用せずに栽培し、かつ登録認証機関(太ももの会は「やまがた農業支援センター」)の認証を得て、有機JASシールを貼付し出荷・販売しています。

「有機JASマーク」は、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

太ももの会では、有機JASコシヒカリ、自然乾燥有機JASコシヒカリ、有機JAS黒米、特別栽培米でわのもちがそれに該当します。


特別栽培米とは?

農林水産省の「特別栽培米農産物に係るガイドライン」に従い、減農薬栽培など特色のある方法で栽培されたお米です。

太ももの会のお米は、山形県が定める慣行レベルに比べて節減対象農薬の使用回数を7割以下、化学肥料の窒素成分量を5割以下に抑えることで「特別栽培認証」を受けています。

特別栽培米ひとめぼれ、特別栽培米つや姫がそれに該当します。

太ももの会では、農薬、化学肥料を使用せずに栽培している「でわのもち」もございます。
特別栽培米の認証を受け栽培し、販売しています。
使用資材、栽培方法は有機JAS認証を受けているものと同じになりますので、安心してお召し上がりください。
栽培面積やもち加工管理の都合上このようにさせていただいております。


冬眠米とは(炭酸ガス封入密着包装法)

お米の酸化が不味くなる原因の一つです。

お店に並んでいるお米の袋には穴が開いていますが、袋が破れないようにするためにあらかじめあけられたものです。

空気と触れているので酸化しやすい状態です。

そこで太ももの会では、動物の冬眠をヒントに発明された保存方法である「炭酸ガス封入密着包装法」を採用しています。

気密性の高い袋にお米と炭酸ガスを一緒に入れて密封することで、お米が炭酸ガスを吸い真空パックの様にカチカチに固まります。
そうすることで酸化を防ぎ、長期間の保存が可能になり、さらに薬剤を使わずに虫やカビからの被害も防ぐこともできます。
開封すると密封状態ではなくなり普通のお米に戻りますので、お早めにお召し上がりください。

備蓄にも適したおいしい太もものお米を一度お試しください。

 


残留農薬について

特別栽培に該当する品種は少ないながらも農薬、化学肥料を使用しています。
玄米で召し上がることに抵抗を感じる方もおられると思いますが、太ももの会では「登録された農薬を使用基準に従って使用する」ことで、安全性が確保されていると考えております。