• 太ももの会とは

    平成16年12月に農事組合法人太ももの会を設立し、

    有機米の栽培と販売・もちの加工販売に取り組んでいます。

    有機栽培には平成4年より取り組み、

    当初より鴨を使った除草を行っています。

    庄内地方における合鴨農法の草分けとなりました。

    お米のパッケージは炭酸ガスを使った「冬眠法」を用いております。


    袋の中から酸素をなくすることにより米の食味低下と夏場の害虫、食害を防ぎます。

    冬眠したお米を低温倉庫で管理保存し、

    一年を通して変わらぬ美味しいお米をお届けしています。

     

     

       □設立       平成16年12月

       □資本金      960万円

       □構成員      理事3名、常勤社員1名、非常勤事務員1名

       □業務内容     山形県認証有機農産物生産・販売・作業受託

       □耕作面積     水稲24ha、大豆2ha

            □栽培品種     (水稲)コシヒカリ、つや姫、ひとめぼれ、でわのもち、はえぬき、べこあおば

                   (大豆)あやこがね

       □商品        冬眠米、古代米、包装餅、米酢、味噌、納豆、甘酒

     
    農事組合法人 太ももの会
     
    山形県酒田市広野字福岡628‐2
    電話 0234-92-3660  FAX 0234-92-3659

  • 「太ももの会」名前の由来

    ミヒャエル・エンデの作品「モモ」からこの会の名前がつくられました。


    泥棒から時間を盗まれてみんなが忙しくなってしまった中、

    時間泥棒を追う少女モモ物語です。


    ふだん「忙しい」「忙しい」と大切な何かを忘れていないだろうか?

    風に吹かれ雲を眺める自由な時間を失っていないだろうか?

    大切な人と一緒にすごす時間をなくしていないだろうか?

    日々立ち止まって考えています。

    それでは太ももの「太」はなあに?

    名づけた当時ハイレグが流行っていました。

    モモと太もも、語呂がいいでしょう!?

    どうぞお見知りおきくださいませ。

     


  • タマガモ
    太もものマスコットキャラクター

     

    太ももの会のオリジナルキャラクター「タマガモ」

    お米など商品をお送りする段ボールには、

    このタマガモがプリントされています。

農事組合法人 太ももの会  山形県酒田市広野字福岡628-2 TEL.0234-92-3660 FAX 0234-92-3659