• 太もも米の四季「夏」
  • 雨降りはビッキの天国サ。

  • 除草はつらいよ

    有機の田んぼは雑草との格闘が続きます。

    田んぼに放した鴨たちにがんばってもらう他に、

    機械による除草作業を併用しています。

    機械は何種類かあります。

    用途によって使い分けています。

    チェーン引きは人力なので、長時間引っ張るととても腹が減ります。

    石井農機の除草機。株元と条間の両方を攪拌できます。
    石井農機の除草機。株元と条間の両方を攪拌できます。
    昔ながらの条間用除草機、通称カルタン。回転爪の馬力があります。
    昔ながらの条間用除草機、通称カルタン。回転爪の馬力があります。
    昨年デビューの乗用除草機。短時間で大面積をこなせます。
    昨年デビューの乗用除草機。短時間で大面積をこなせます。
    新技術!?のチェーン引き。
    新技術!?のチェーン引き。
    田んぼの表面をチェーンを引きずって、芽が出たばかりの雑草をシャットアウト。
    田んぼの表面をチェーンを引きずって、芽が出たばかりの雑草をシャットアウト。

  • ヒエ取り

    6月梅雨のころ、機械で取り残した雑草を手作業で抜いていきます。

    イネ科のヒエは生育が早くて難儀します。

    しかもイネと姿がよく似通っているので、ある程度慣れが必要です。

    草が厚いと腰を伸す暇がないほどです。

    おいしいお米を作るため「辛いけれどエンヤーコラ」です。

    取り残したヒエは手で抜くしかありません。
    取り残したヒエは手で抜くしかありません。
    ヒエはイネと同じ仲間イネ科の植物なので、慣れないと見分けがつきません。(真ん中がヒエ)
    ヒエはイネと同じ仲間イネ科の植物なので、慣れないと見分けがつきません。(真ん中がヒエ)
    7月、取り残されたヒエは早くも穂を出します。この種をこぼしてしまうと来年またヒエが発生するわけです。
    7月、取り残されたヒエは早くも穂を出します。この種をこぼしてしまうと来年またヒエが発生するわけです。
    稲刈り前にがんばって田んぼから引っこ抜いたヒエ。実際はほとんどお手上げになってしまいます。
    稲刈り前にがんばって田んぼから引っこ抜いたヒエ。実際はほとんどお手上げになってしまいます。

  • 作溝(溝切り)

    青田が賑やかになる7月上旬、

    株と株の間に溝を切る作業をします。

    作溝(さっこう)または溝切りといいます。

    培土機という専用の機械で田んぼの縦方向に何本も溝を切ります。

    田んぼの表面に水を溜める必要(保温効果)が無くなるので、

    落水の前に、この後の田んぼの水管理を容易にするために

    水路としての溝を切るのです。

    最近は乗用タイプの機械がブームです。

    田んぼはこのあと落水して(中干し)、3~4日に一度の水掛けになります。

    1条ずつ長い田んぼを縦に何往復もします。
    1条ずつ長い田んぼを縦に何往復もします。
    このたて溝が細い水路になります。用水(水掛け)のみならず排水(水落とし)も容易になります。
    このたて溝が細い水路になります。用水(水掛け)のみならず排水(水落とし)も容易になります。
    たて溝とよこ溝をつないで、水の流れを田んぼ一面に行き渡らせ易くします。
    たて溝とよこ溝をつないで、水の流れを田んぼ一面に行き渡らせ易くします。

  • 穂肥(追肥)

    7月中下旬、稲穂が出るまで1ヶ月もありません。

    元肥の肥料の効果もそろそろ切れてきます。

    そこでイネに追肥して元気になってもらいます。

    稲穂に効かせるので「穂肥(ほごえ)」とも言います。

    梅雨明けの時期、

    強い日差しの下、重い肥料と機械を背負って田んぼを歩く。

    なかなかの重労働です。

    「ひとめぼれ」に散布しているのは通常の化成肥料です。

    追肥用肥料は重量20kg、肩にずっしり食い込みます。
    追肥用肥料は重量20kg、肩にずっしり食い込みます。
    ぬかるむ田んぼを歩きながら、動力散布機の筒先を左右に振って肥料をまきます。
    ぬかるむ田んぼを歩きながら、動力散布機の筒先を左右に振って肥料をまきます。
農事組合法人 太ももの会  山形県酒田市広野字福岡628-2 TEL.0234-92-3660 FAX 0234-92-3659